片山由美子


女優

最初は、片山由美子がとても親切で、自分の就職に夢中な人である。忍耐で内容に富んだ詳細で東映の協賛での素晴らしいキャリアについて語った。とても若くて、横山光輝の熱烈な頭に生まれた[ジャイアントロボ]の実写という特撮に演じたし、日本で時期を準拠した[プレイガール]という他のシリーズのレギュラーになった。このテレビドラマは「チャーリーズ・エンジェル」のシリーズに5年間過ぎ早いし、パンツのこっけいなセクシやアクションなどの時期の万人をもっと引き付けていたことを有能に混ぜていた女性の美しさに中心をしていたフォーマットだった。片山が素晴らしき綺麗で有名であるのは石井輝夫に演じた重要な最初の役から東映の凄くて若い女性まで自分の映画キャリアも活発した。

このことを理解するように、同役者の名前のリストが十分:梶芽衣子[女囚701号/さそり]、小原玲子と香川ゆきえ「ずべ公番長ざんげの直持ちもない]、杉本美樹と池玲子「[前科おんな 殺し節]、山内恵美子[番格ロック]。

 

[Asian Feast] 片山さんはどうショーの世界のキャリアを始めましたか?それについて何か語ってくれませんか?どうして女優になろうと思いましたか?最初の体験は何でしたか?

「私は、13歳の時に東映(映画会社)の俳優養成所に入りました、その時私は、歌が好きで、俳優になりたいとは思っていませんでしたが、齢が小さい為、養成所が良いと思いはいりました、芝居、歌、ダンスを週2回勉強しました、なぜなら平日は、学校がありるからです。そこでテレビ出演の機会があります、入って一年ぐらいしてから、テレビにでました、それは小さな役です、そんな出演を何本もしまして、18歳のときに、(ジァイアント・ロボ)のレギュラーになりました。」

[AF] 最初の大事な演じた役は[ジャイアントロボ]でした。あの時期は片山さんはとても若かかった。私たちは[特撮]シリーズがだい好きですが、片山さんは[ウルトラマン]と[ウルトラセブン]の同時期の一番最初の[特撮]のシリーズに出ていました。この体験について何を思い出します?

最初の大事な演じた役は[ジャイアントロボ]でした。あの時期は片山さんはとても若かかった。私たちは[特撮]シリーズがだいすきですが、片山さんは[ウルトひとはおおいです。ラマン]と[ウルトラセブン]の同時期の一番最初の[特撮]のシリーズに出ていました。この体験について何を思い出します?「この時代は、怪獣ブームでした、今の時代のように、CGも発達していませんから、怪獣と同じ場面にでるときは、画面に怪獣を写して、その前に俳優が立ち、それをカメラが後ろから撮るということをしました。そしてロボの手に乗って飛ぶところは、巨大な手の模型に乗ります、そんなすべてが、初めての体験でしたので、とても興味深い毎日でした。そして、レギュラーは全員男性でしたので、私はとても親切にしてもらいました。」

[AF] 後で、[プレイガール]. という日本テレビの歴史の一つの番組のレギュラーの中にになりました。「チャーリーズ・エンジェル」は[プレイガール].に影響を受けたことと思う人は多い。この他の体験については何を思い出します?

テレビシリーズはあの時期やポップカルチャーの凱旋などのシンボルと思われるが、そんなに人気でしたか?このシリーズはどんな影響をしました?

テレビドラマ「プレイガール」は、1969年に始まりました。この1969年という年はTVというメディ亜ァが名実共に、日本の生活空間に欠かせないものになった年といわれています。テレビドラマは、アクションものが流行っていました。アクション番組は、男性がメインでした、女性だけのアクションという斬新な企画でした、初めから大変話題のドラマでした、このドラマが始まったころは、私は、京都撮影所で映画をやっていました。

プレイガールのレギュラーが決まり私が登場したのは、番組が始まってから一年後でした、アクションシーンは本当に大変でした、全然やったことがありませんでしたから、殺陣師さんも大変だったと思います。この物語は、プレイガールという名前は、ニックネームのようなもので、職業は「保険調査員」です、なぜか事件にからみ、それを解決します、ソシテ悪党

そして悪党を投げたり、蹴飛ばしたりととても強い女なのです。女性アクションとしては、初めての番組ですから、人気はありました、アクションプラスセクシーということで、裸のシーンもあります、そして脚蹴りするとき、下着が見えるのが人気でした。この頃の東映映画とリンクするところがありますね。私は、プレイガールを4年間レギュラーしていましたから、このドラマやっているとき、「ざんげ~」「さそり」「番格~」[~殺し節」の映画に出演しました。

このプレイガールは、大人の娯楽番組として、人気がありました。「チャリーズ・エンジェル」がプレイガールの影響をうけていたという、話は聞きます。

1970年代初頭の世相は、経済に活気があり、開放的だった人々の気分に、フィット下番組だったとおもいます。

フィットした番組だったとおもいます。

[AF] 1969 年には、片山さんは自分の映画キャリアも始めました。片山さんに演じた9本もの中に5本は石井輝夫監督に撮られた映画でした。この映画は革新的で俳優さんたちにたくさん努力が必要な映画でした。石井監督と働くのはどうでした?観客たちはこの暴力が多くて、難しい主題の映画をどう受け取りました?この映画で役を演じるのは大変でした?

たとえば、[徳川いれずみ師 責め地獄]は西洋でもとても有名な映画です。この映画で片山さんは自分の運に反対してみるとても運がよくない女性の複雑な役を演じます。この映画の現場はどうでした?片山様にとってはこの役が演じにくかった?

「私が始めて、石井監督の作品に出演したのは、(ハレンチ)でしたその役は出番もすくなく、あまり印象にのこっていません、その次の(徳川いれずみ師責め地獄)は、オムニバスの第一部の主演ということもあり、大変印象に残っています、この映画では、最初私は、端役でした、それが主演の女優さんが、事情で降りてしまい、私が代役になりました、スムーズに引き受けたわけではありませんでした、あまりのも凄い内容なのでで、何度も断りましたが、東映の俳優としては、私のような新人の意見は聞いてもらえず、引き受けることとなりました。

とても過酷な毎日でした、裸、縛られ、吊るされ、という毎日でした、泣く日もたくさんありました。この作品が海外で人気がある話は、聞きます、演じる私は、芸術的なことは、わかりません、とのかくたいへんな作品でした。

石井監督は、とても優しいかたでした。

当時は、やくざ映画のほうが東映では、ランクが上でしたから、石井監督の映画は、「エログロ作品」とされ、撮影所では、監督と私達は、肩身の狭い思いをしていました。監督も私も東映映画会社の命令での作品でした、しかし、奇才「石井輝男」監督は、その限られた作品で自分の、「奇才」ぶりを発揮しましたから、その後も後世に残る作品になったのだと、思います。

[AF]  後で、[江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間]で短い役を演じた。日本では様々な理由でこの映画はあまり出英されなかったが、西洋で名作と考えられる。このことを創造することができました?あの時期の映画を見たら、あの日本は自由で新しい体験をしてみることを希望をしたい国が見えました。そうですか?

このころは、日本の映画界の低迷期だと思います、1970年、1971年には、二つの映画会社は閉鎖されました。映画を楽しんでいた人々が、テレビに移ったこともあると思います。石井監督の「江戸川乱歩恐怖奇形人間」は、いまもたくさんのファンがいて、昨年も小さな劇場で上映していました。私は、撮影も一日の数時間で終わりましたので、この映画は、心に残っていません、ですからこんなに人気があることに、驚いています。

[AF]   1969 でも片山さんは[女親分 喧嘩渡世]と[旅に出た極道] の二本の映画に参加しました。その時には菅原 文太と若山 富三郎と一緒に働きました。この場合にはどうでした?あの現場はどうでした?

「旅に出た極道」は「徳川いれずみ師責め地獄」の前に出演しました。その頃京都の東映撮影所では、(鶴田浩二)さんと(若山富三郎)さんがトップ俳優さんでした。若山さんは、監督さんより権限がありましたから、周りはいつも、緊張していました、しかし女の人にはとても優しい人でした。芝居は厳しいです。菅原文太さんも厳しいひとでした、私に芝居を教えてくれました。

[AF] 1970年に片山さんは[三匹の牝蜂]で役を演じました。残念ですが、私はこの映画をまだ見たことがありません。どんな映画でした?ある人はこの映画が強くて、反逆する女性についての最初の映画と言っています。この映画には何年前なくなった小原玲子も出ていました。小原さんについて何か思い出します?

 「三匹の牝蜂」この映画はあまり有名になりませんでした。

私の役は、三匹のトップ俳優が、大原麗子さん、次が夏純子さん、三人目は新人の方でした。私はこの三人のグループの一員だったと思います。大原麗子さんは、いままでも、この後でも、このような不良役ははじめてだとおもいます。可愛くて、女らしい、大原麗子さんが、このような役で、私も驚きました。この頃どこの映画会社も、強い女性が主役の映画を作っていました。この「三匹の牝蜂」は京都東映撮影所で撮影されました。この作品が私の京都での最後の映画です。

[AF] 1971年は[ずべ公番長ざんげの直持ちもない]という私が大好きな映画演出した年でした。何を思い出しますか。今の時期でも日本映画のような多い悪い女性が出てきた他の国の映画はありません。片山さんのような若い女優にはこの社会に革新する女性主人公達を演じるのはどいう意味を持っていました?

「ずべ公番長 ざんげの値打もない」この作品は、シリーズ

第4作目の映画で、人気がありました。

この時代、不良といわれる男、女がすてきに思われる、映画がたくさんありました、不良人間といっても、本当に悪い人間ではなく、訳があって罪を犯してしまう、そんな人間が主演で、

映画の最後は、暴力団あいてに、アクションです、勿論、勝つわけですから、そういう本当にはありえないところが人気になったのでしょう~この映画のアクションは、東映映画ファンが、喜ぶ刀をもっての、アクションでしたから、私は難しかったです、私の父親役は、日本の名優の「伴淳三郎」さんでしたから、屋台の親子の会話のシーンは緊張しました、この方のお陰で、このシーンが

思いでに残っています。このシリーズは、タイトルは、リアルタイムで流行っていた、歌謡曲を題材にしています、劇中でそのタイトル曲が流れるのがとても、人気でした。私もこの映画のタイトル「ざんげの値打もない」は大好きな曲です、この映画のファンは今もたくさんいます、2010年にこの映画の上映会と私の「トークショウ」が行われ、皆様に喜んでいただきました。

[AF] [女囚701号/さそり]のような大切な映画はどうでした?梶芽衣子はたぶんあの時期の一番有名な女優です。日本でもとても人気がりました?

「女囚701号 さそり」は、私はとても、インパクトのある役でした、出演シーンは、2場面だけなのですが、同性愛の場面ということもあり、映画館の看板は私と梶さんの二人でした。

映画を観た方は、印象に残るシーンだったと思います。

梶さんは、この映画の前は、日活映画で主演をたくさん出演しましたが、この「さそり」の大ヒットで梶さんの代表作になりました。そして「さそり」もシリーズ化されました。

この写真の、帽子、コートですが、「さそり」で梶さんが着たものを、私が、テレビドラマ「プレイガール」で着ました。

[AF] 個人的に[前科おんな 殺し節].が大好きです。たぶん革新的な若い女性の映画の中で一番面白い映画だと思っています。この映画で、片山さんの他に、池玲子と杉本美樹というあの時期の他の大事な二人の女優が出ていました。池さんと杉本さんのことをどう思い出します。この片山さんの役は楽しそうですが、本当に楽しかったです?

「女前科殺し節」は、私のイメージの強い女の役でした、「ずべ公番長」の役とダブルとこもあります、プロデューサーが私に持つイメージだと、思います、後で「プレイガール」のお話は詳しくしますが、プレイガールの私のイメージでこの役がきたと、おもいます。池さんとは、あまりお話しすることもなく、思い出はありません、宗田さん、風間さんとは、とても仲良くなり、一緒に食事をしたりしました。

[AF] 正直に言うと、私は[番格ロック]と[ネオンくらげ]については何も知りません。この2本の映画でも、山内恵美子が出てきましたし、内藤誠監督に撮られた映画であるだけ知っています。どんな映画でした?

「ネオンくらげ」は山内えみこさんのデビュー作品で、私は、ワンシーンだけ、出演しました。私には珍しい役でした、不良役が多いなかで、この役は、意地悪ですが、普通の人で番格とは、不良グループのリーダー「番長」と同格の用心棒のことです。ストーリーは、不良グループの戦いと、やくざに立ち向かう主人公のお話で、私の役は、不良グループのリーダーです、当時、本当にこのような映画が、流行りました、この映画のクラブでロックグループが歌っている場面があります、このバンドは、矢沢永吉さんがメンバーの「キャロル」という人気バンドでした。

[AF] 片山さんは高倉健と千葉真一有名な俳優と役を演じた最後の映画は[新幹線大爆破]でした。どうしてこの映画の後退職をすることに決めました?

片山さんは自分のとても面白いキャリアを考えて、どう思います?何か変化することがあります?

1974年にプレイガール終わりました。レギュラーがおわり、それからは、テレビ、映画に脇役ででました、そのなかのひとつが、「新幹線大爆破」です、ワンシーンだけの役でした。私の芸暦にでていませんが、フジテレビなどのドラマもでました。「新幹線~」のあと引退したわけではありません。

完全に俳優の仕事をやめたのは、1986年です。結婚したからせす

結婚したからです。

やめるまでは、芝居の舞台や、歌のショーのお仕事をしてました。

私が思うには、プレイガールを長くやっていましたから、

片山由美子=プレイガールというイメージがついてしまい、俳優としては難しくなったと思います。

そんな時、いいマネージャーでもいてくれれば、私のイメージ脱皮を考えてくれたでしょう~

しかし~40年の時を超え、今なお、プレイガールのファンがたくさんいます、そんな番組に出会えたことは、祖あわせ上の間違いの字すもません。上の2行は間違いです

そんな番組にでられたことは、幸せです。

CONDIVIDI: